銅めっき マックワイヤーCP 技術資料

マックワイヤーCP 技術資料

製品紹介

マックワイヤーCPの抗菌性

銅の優れた殺菌性について

O-157やインフルエンザウイルスにも効果

古来より「銅壷(どうこ)の水は腐らない」と言われるように、銅には優れた殺菌性、抗菌性があります。

これは微量金属作用といわれる銅イオンの殺菌効果によるもので、住宅やビル、マンション等の給水・給湯配管として銅管が広く採用されています。

銅の殺菌作用は、O-157やインフルエンザウイルス、ノロウイルス、大腸菌、レジオネラ菌などにも効果があることが認められ、2008年3月、米国環境保護庁(EPA)により、金属材料としてはじめて殺菌性と公衆衛生に効果があることが認定されました。

最近では病院や学校などにおいて、蛇口やドアノブ、手すりなど、人の手が触れやすいところに銅製品への切り替えや使用が広まっています。

また微量金属作用は、銀や亜鉛にも同様の効果があることが知られています。

銅のサビ 「緑青(ろくしょう)」は無害!

緑青とは、銅が酸化されることで生成する青緑色のサビで、一般的には有毒とされ、一部の教科書、辞書にも強い毒があると書かれていましたが、実際には有害性はまったく無く、1984年8月6日に厚生省(現・厚生労働省)によって、「緑青は無害」と認定されています。

抗菌性と導電性を兼ね備えたマックワイヤーCP

当社のマックワイヤーCPは、導電性バネ用に開発した銅めっきピアノ線です。

銅イオンの殺菌効果により、抗菌性を必要とするバネにもマックワイヤーCPは有効です。

今注目される手術ロボットなど医療関係に使用されるバネやワイヤにも、抗菌性と導電性を兼ね備えたマックワイヤーCPは最適です。

関連項目