銅めっき マックワイヤーCP 技術資料

マックワイヤーCP 技術資料

製品紹介

マックワイヤーCPのコイリング性

コイリング性について

優れたコイリング性と高いバネ特性

マックワイヤーCPの表面は、銅めっき特有の優れた潤滑性を有し、また銅めっきの溶融温度も高いためにバネ成形機ツールでの摩擦熱による銅めっきの焼付けの心配もなく、バネ成形加工時のコイリング性能は非常に優れ安定しています。

またマックワイヤーCPは、バネの耐久力、疲労強度はピアノ線と同等です。

バネ特性において、りん青銅線、ベリリウム銅線よりはるかに優れているため、それらより代替することで、バネの軽薄短小化を実現し、コストダウンを可能とするVA提案材料です。

マックワイヤーCPのバネ特性

種  類 横弾性係数
N/㎜2 ( kgf/㎜2 )
縦弾性係数
N/㎜2 ( kgf/㎜2 )
マックワイヤーCP 78000 (8000) 206000 (21000)
ピアノ線、硬鋼線 78000 (8000) 206000 (21000)
オイルテンパー線 78000 (8000) 206000 (21000)
ステンレス鋼線(SUS304) 69000 (7000) 186000 (19000)
ベリリウム銅線 44000 (4500) 127000 (13000)
黄銅線 39000 (4000) 98000 (10000)
バネ用りん青銅線 39000 (4000) 98000 (10000)
チタン合金線 39000 (4000) 98000 (10000)