銅めっき マックワイヤーCP 技術資料

マックワイヤーCP 技術資料

製品紹介

酸化皮膜と接触抵抗について

酸化皮膜による影響

導電性は問題ありませんが、接触抵抗は大きく影響を受けます

一般的にピアノ線は、バネ成形加工後にバネ特性を付加する目的で低温熱処理を行いますが、それによりバネ表面には酸化皮膜が発生します。

マックワイヤーCPを使用したバネも、低温熱処理により銅めっき表面に酸化皮膜が生じますが、導電性や導電率は影響を受けることはありません。

しかし接触抵抗については大きく影響を受けます。

接触抵抗について

導電を目的としたバネについては、接触抵抗の安定性が重視されるため、低温熱処理により生じる酸化皮膜の対策を必要とします。

1. 低温熱処理後の仕上めっきで除去する方法

成形加工したバネを低温熱処理した後に、金めっき等の仕上げめっきをすれば、めっきの前処理で酸化皮膜を除去でき、酸化皮膜の無いめっきバネを作ることができます。

マックワイヤーCPは導電性と接触抵抗に優れたバネを作成可能

マックワイヤーCPも大気中で低温熱処理した場合、銅めっき表面に酸化皮膜が生じますが、上記のように熱処理後のバネに金めっき等をすることで、酸化皮膜の無いバネを作成できます。

この場合、マックワイヤーCPの銅めっきが、めっきの下地として有効に機能し、仕上げめっきの品質を高め、また銅めっき(導電率13~15%)により、導電性と接触抵抗に優れたバネを作ることが可能です。

2. 酸化皮膜が発生しない無酸化熱処理方法

真空炉または無酸化還元ガス雰囲気炉による熱処理方法を採用すれば酸化皮膜は発生しません。

マックワイヤーCPの場合、仕上げめっき工程が省け、酸化皮膜の無い導電性バネを作ることが可能

導電率13~15%のマックワイヤーCPを使用した場合、酸化皮膜の無い導電性バネを作ることが可能です。

また酸化皮膜除去や導電目的の金めっきやニッケルめっき処理工程を省略することができ、コストダウンに貢献できるものと思われます。

無酸化熱処理の場合、銅めっきの色調、光沢は変わりません

マックワイヤーCPを使用したバネに、無酸化熱処理を行った場合、熱処理前の銅めっきの色調、光沢を維持した、酸化皮膜の無いバネを作ることができます。

無酸化還元ガス雰囲気炉(窒素+水素ガス)による熱処理の場合は、酸化皮膜の不生成のみならず、水素の還元性ガスにより、すでに変色している部分やバネ表面の油などの汚れが還元除去され、バネ表面は光輝になります。

また銅めっきは変色しやすいと言った不安についても、バネ表面は不活性ガスである窒素の極薄い皮膜によりコーティングされているため、通常の使用では変色の心配は無いものと言えます。

この窒素の皮膜は、バネの接触抵抗および導電性に関しても影響のない事はすでに実証されています。

 

関連項目