亜鉛めっき マックワイヤー 技術資料

マックワイヤー 技術資料

製品紹介

マックワイヤーのコイリング性

コイリング性について

優れたコイリング性能、高い歩留まり率

一般的な亜鉛めっき材は、めっき金属の溶融温度が比較的低いために、摩擦熱によるバネ成形機のツールへの焼付けや、亜鉛の摩擦係数の大きさ故のコイリングのバラツキが問題でした。

しかしマックワイヤーは当社独自の電気めっき技術により、めっき層と素地鋼との間の合金層を最小限に抑え、従来の亜鉛めっき鋼線と比べて、数倍のコイリング性能を有し、問題なく精密バネ、小物バネ等に使用できます。

また独自の製造方法と長年培った伸線技術により、線ぐせ等の品質のバラツキをなくし、バネ加工において高い歩留まり率を実現しています

1982年の発売以来、精密機器、電子部品等の精密バネに使用され、多くのユーザーにご好評を得ています。